夢の高速増殖炉もんじゅとは?【まとめ】

原子力に関わる問題のすべてが、この「もんじゅ」に凝縮されている

「夢の高速増殖炉もんじゅとは?【まとめ】」をはてなブックマークに追加

 

最近、「もんじゅ」が危ない!などのうわさが飛び交っているが、「もんじゅ」とは一体何なのか?何が危険なのか?

6月23日に行われる落下物の回収作業とは?核サイクル?プルサーマル?維持費1日5500万円?

原子力に関わる問題のすべてが、この「もんじゅ」に凝縮されている。

 

高速増殖炉「もんじゅ」とは?

福井県敦賀市にある出力71.4万kWの高速増殖炉で1985年年に着工し。1991年より試運転を開始した。

一般の原発は、ウランを濃縮・加工して原子炉で燃やして、発電する。(廃棄物は年々増えているのが現状)

一方、高速増殖炉は、プルトニウムを加工して、発電させつつ、プルトニウムを増殖させ、原子炉で燃やし、さらに再処理をして燃料のリサイクルを可能にする。一説には60倍ものエネルギー効率が得られるらしい。(下記図:右側)*但し、リサイクルしても廃棄物は当然出る。

高速増殖炉、核燃料リサイクル

既存の原発からでる廃棄物の再利用もでき、資源の乏しい日本にとっては、まさに夢のような計画である。ただ、核分裂の速度が速いので一般の原子炉よりも制御が難しいというのも事実だ。

「もんじゅ」は、日本の原子力政策の未来を託された存在であったが、1995年のナトリウム漏洩事故、2010年8月には中継装置が原子炉内に落下するなど数々の問題を抱え、いまだ運転再開、実用への道筋は見えていない。実は日本(茨城県大洗町)には常陽(日本で最初の高速増殖炉)という高速増殖炉が存在するが、2007年に事故を起こし運転休止を余儀なくされている。

福島原発でよく耳にした「プルサーマル」とは、プルトニウムを取り出して新しい燃料(MOX燃料=ウランとプルトニウムを混ぜた燃料)を作り、現在の原子力発電所で再利用することである。高速増殖炉の実用が難しいため、一般の原子炉でリサイクルができるように考えだされた方法である。(反対派の意見:プルサーマル導入−その狙いと危険性.pdf

 

増殖炉事故 [もんじゅ] 現場で何が・・・内部取材
テレビ朝日「報道発 ドキュメンタリ宣言」


増殖炉事故 [もんじゅ] 現場で何が・・・内部取材 投稿者 sean2010jp

トラブル復旧作業ヤマ場へ 「もんじゅ」で何が起きているのか
関西テレビ スーパーニュース アンカー

「核抑止力に相当するものをもんじゅによって日本は持っている」
テレビ朝日「報道ステーション」

原子力の資源 ウラン、プルトニウム(小出裕章氏:参議院の行政監視委員会)

 

福島原発以上に危険性のある高速増殖炉もんじゅで今起きていること

これまでも何回か事故を起こして殆ど使えていないにもかかわらず、原発推進派の方達はまだ高速増殖炉もんじゅを動かそうとしています。世界中で見ても、ほとんどのところが計画段階で高速増殖炉を諦めているし、フランスからも撤退されました。確かにメリットだけ見ると、動かしたい気持ちはわかりますが、それに対するリスクが高すぎます。釣り合いが全く取れていないと考えられます。

高速増殖炉研究開発センター所長  あいさつ 

長期的なエネルギーの安定供給や放射性廃棄物の潜在的有害度の低減に貢献できる可能性を持つ高速増殖炉サイクルの導入が、我が国のみならず米国やフランスなどで期待されています。このため高速増殖炉サイクル技術は、我が国の科学技術基本計画において国家基幹技術として位置付けられ、その実用化を目指す研究開発が国際協力を図りながら展開されています。

もんじゅ再運転へ 安全も経済性も十分か(中国新聞)

原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の運転再開をめざす日本原子力研究開発機構が、国の了承を得て地元に協議を申し入れた。

もんじゅ再開と今後の課題 ─いかに国民理解を得るか(内閣原子力委員会).pdf

地球温暖化への関心の高まりや、また、国際的 な資源獲得競争が厳しくなっている状況の中での、高 速増殖炉の位置づけや重要性、そして「もんじゅ」の運 転を通して得られる成果が原子力機構を中心に進めて いる FaCT プロジェクトなどの今後の高速増殖炉サ イクル技術開発にもつながるどうしても必要なもので あることをきちんと説明すればわかってもらえると思 います。

引き上げに9.4億円 設計ミスした東芝と契約.pdf

2 月 5 日の新聞報道では、この費用が 9億 3700 万円に上り、原子力機構が東芝と契約したことを報じている。ただし炉内中継装置の作り直す費用は含まれていない。落下した炉内中継装置を引き上げるだけで 9 億 4000 万円もかかる。そもそも落下は「つかみ装置」の設計ミスが原因。

もんじゅ課長「死」の意味 AERA-net

復旧作業は困難を極めた。昨年10月13日には6時間余りを費やしてクレーンでの引き上げを試みたが、そのつど「荷重超過」の警報が鳴り響いた。警報の設定値を100キロずつ増やして試みること24回。最後まで引き上げることはできなかったーー。

福島第2やもんじゅは例外=原発再稼働で海江田経産相

「福島第1と第2原発、もんじゅ(福井県敦賀市にある高速増殖炉)は稼働させるわけにはいかない」 海江田万里経済産業相

 

「夢の高速増殖炉もんじゅとは?【まとめ】」をはてなブックマークに追加

安心宅配の野菜、卵、牛乳。放射能検査実施中



原発・放射能ニュース
下水処理における汚泥焼却灰の比較(11年7月と12年4月)
三陸・関東産の魚から次々と放射能が検出
わたしが悪魔に頼んで毒をまくのをやめてもらおう
下水汚泥に含まれる放射性物質の変化グラフ(東京都)10月まで
尿検査「セシウム - 20ベクレル/㍑」 は安全なのか
低線量被曝でも危険な理由「切れるか、切れないか」
「原発つくれば1000億円ゲット!」夢の地域振興
加害者意識ゼロ!!事故原因の究明を拒む黒塗りの東京電力
「死の町」と「ただちに影響はない」マスコミが追求すべきは?
食品企業主要35社アンケート【放射能汚染対策】
下水汚泥に含まれる放射性物質の変化グラフ(東京都)
野田政権ではじまる、電力会社の巻き返し
池上彰×上杉隆 「市民とメディアのあり方」原発事故報道を考える
守られる人、守られない人「福島農家ブログ特集」
東京都下水汚泥の放射能測定結果の推移
発送電分離のメリット、デメリット アメリカはどうなってるの?
東京都の下水汚泥から検出されたヨウ素131はどこからきた?
電力利権を解体せよ!総括原価方式から見る原発問題
汚泥処理、規制は1キロ当たりのベクレルでよいのか?
伊達市、白石市、角田市の放射線測定状況
20年後、大人にも甲状腺ガンが多発「見えないロシアンルーレット」
拡がる汚染食品、収穫の秋を前に不安も広まる
汚泥・焼却灰の処理方法は?コストは誰が負担?
「放射能汚泥 関東3万トン」東京都の汚泥はどこへ消えた?
iPhone/iPadで使える放射能測定器
柏市の空間放射線量調査 (最高値:北部緑地が最高値0.709μSv/h)
東京都内100箇所の空間放射線量の測定結果
限界を迎える汚泥処理「500,000ベクレルまで燃やしてOK」
夢の高速増殖炉もんじゅとは?【まとめ】
台東区、品川区土壌の放射能測定結果
首都圏の土壌汚染マップとチェルノブイリの避難区分
メルトスルーから地下水汚染、原子炉冷却不可能【小出裕章】
放射能管理区域で育った野菜を食べたいですか?
汚泥は燃やして大丈夫なの?「焼却灰問題」
地図でみる放射線とガンの因果関係 in USA
放射能汚泥・焼却灰問題に関するまとめ (濃縮と下水処理リサイクル図説)
内部被曝のまとめ 「外部被曝との比較」
気になる内部被曝、放射性セシウム除去薬とは?
風向きが変わり、福島以北に注意が必要か
「原発のウソ」小出裕章著 "安全な被曝量"は存在しない!Youtube動画
野菜類2000ベクレルはこうして決まった
我孫子市内の放射線量の測定結果「0.5μSv/hの地点も」
足立区、震災直後からの放射線測定結果公開(最高値1.24μsv/h)
つくば市独自調査 最高値は谷田部南小 0.36μSv/h
松戸市が独自調査 放射線量測定状況「0.5μSv/h超の地点も」
九州、四国の安心野菜セット 内部被曝から子どもを守る
相次ぐ野菜の出荷制限解除、本当に大丈夫なのか?
放射線、東京への拡散経路
九州、四国の魚・貝・海老・海藻など (安心食材セット)放射線
PR